純金箔革財布、今年も 西日本最大の神戸国際宝飾展(IJK)に出展します。

純金箔革財布、今年も

西日本最大の神戸国際宝飾展(IJK)に出展します。

 

 ダウンロード (2)

 

心地良い季節が続きます。

 

KIMG1492_2

 

神戸国際宝飾展(IJK)

2018年5月16日(水曜日)~18日(金曜日)

10:00~18:00開催されます。

 

バル・プランニングは神戸国際宝飾展(IJK)に、

連続の出展になります。

 

13177306_1538759639760649_4640996496411782719_n

 

神戸国際宝飾展(IJK)とは

IJKは西日本最大の宝飾展です。

 

「神戸の震災復興のためにも、ぜひ神戸で宝飾展を開催してほしい」ことからスタート。

 

真珠、ダイヤ、色石などのルース、

ジュエリーからファッショナブルなアクセサリーまでが

出展され、日本中そしてアジア各国の

バイヤーが仕入れのために来場します。

 

弊社は店舗設計での出展ですが、

 

 13164237_1539341579702455_8233707734653365997_n - コピー

 

 

★ミッション「幸せ」を繋ぐ空間創りを、トータルで提案いたします★

 

  ~人と人・人と物の幸せをつなぐ空間、

      楽しさを伝える空間づくりが、

      バル・プランニングが目指す店づくりです~

 

      「人と店」を繋ぐことは、

 

      「幸せ」を繋ぐことです。

 

今からの繁盛店=売れる店は、「幸せ」を繋ぐ店と考えます。

 

その為に、五感(体感覚+聴覚+視覚)を刺激する

 

 「体感覚:足が止まる・ジュエリーディスプレイ」

 

 ダウンロード (3)

 

「聴覚:五感を癒す・癒しのスピーカー」

 

 13173682_1538759663093980_3191963826757344080_n

 

 

「視覚:視覚を刺激する・純金箔革財布製品」を

 

 DSC_8160

 

展示提案と特別販売をしております。

 

 

13237611_1539341583035788_8711036696711967298_n

 

初めて「純金箔革財布製品」をご覧になる方は、

皆さん2度見状態で、「わ~!凄いね」と

驚きの声を挙げておられます。

 

心地良い音楽に誘われ立ち止まると、

円柱を横に倒した形のスピーカーですので、

「これスピーカーですか?」からお話が進みます。

 

13173682_1538759663093980_3191963826757344080_n

 

バル・プランニングのブースは、

1階C会場(C3-35)で、

A会場との連絡通路近くで、

毎回、沢山の方がお立ち寄りくださいます。

 

 

【 見て・聞いて・触って・味わって 】を楽しんで、

情報収集してください。

 

会場にてお待ちしております。

純金箔革財布、今年も 西日本最大の神戸国際宝飾展(IJK)に出展します。  2018年04月13日

純金箔革財布/第2回目のスリランカは「ジェフリー・バワの建築がもっと見たい!!スリランカ建築ツアー」

IMG_1973

 

第2回目のスリランカは「ジェフリー・バワの建築がもっと見たい!!スリランカ建築ツアー!」でお送りします。

 

2018年2月8日関空出発です。

 

IMG_1890 (1)

 

2月8日、クアラルンプールから経由でスリランカへ行きました。

 

 

 

2月9日

コロンボに到着。日本の冬が真逆で半袖で、暑い。

 IMG_2004

 

フォート地区やペター地区といったコロンボの繁華街からスタートしました。

南にあるベイラ湖に浮かんでいるシーマ・マラカヤ寺院です。

この寺院は建築家ジェフリー・バワが設計したことでしられています。

 

国会議事堂

 

 

同じく、国会議事堂は車窓から。

 

スリランカ20182-9 2018-02-09 005

 

 

シーママラカヤ寺院から近くの、一度は行きたいジェフリー・バワ設計の「パラダイス・ロード・ザ・ギャラリー・カフェ」で過ごすくつろぎのコロンボの休日となりました。

 

 27750154_1634176283336517_8440854079161607867_n

 

ここはスリランカを代表する建築家ジェフリー・バワが事務所として使用していた建物で、現在は「カフェとギャラリー」として多くの観光客が訪れていろところです。

 

 IMG_2013

IMG_2029

 

閑静な住宅街にあり、敷地内には緑も多くゆったりとした時間を過ごせ、

ランチタイムを楽しんだ後は、併設されているギャラリーへも立寄りました。

 

IMG_2052

 

お洒落なお土産がたくさんありました。

 

 98525363

 

 

今日の宿泊はコロンボの中心街、街歩きも楽しい便利な、コロンボシティ―ホテル。

5つ星ホテルが並ぶフォート地区(コロンボ1区)に位置し立地の良いところです。

 

 

 

翌朝、フォートの中心部を走る道路(Sir Baron Jayathilake Mawatha)の両側に、植民地時代の建物がたくさん残されています。

 

 スリランカ20182-9 2018-02-10 028

 

 

男3人でブラブラと、建物散策を楽しみました。

 

 

スリランカ20182-9 2018-02-10 019

 

コロンボ市内にはイギリス時代の建物だけでなく、オランダ時代のものもあり、建築に関心のある方には興味が尽きない環境ですね。

 

 

スリランカ20182-9 2018-02-10 024

スリランカ20182-9 2018-02-10 029スリランカ20182-9 2018-02-10 033

 

また、コロンボには歴史的に古い建物だけでなく、現代的なビルディングもどんどん建築され沢山あります。

コロンボの優美な建築を楽しんでみました。

後半に続きます。

純金箔革財布/第2回目のスリランカは「ジェフリー・バワの建築がもっと見たい!!スリランカ建築ツアー」  2018年02月21日

純金箔革財布/2018国際宝飾展(IJT)に出展いたします。

新年明けましておめでとうございます。

 純金箔革財布です。

「第29回国際宝飾展」が東京ビックサイトで開催されます。 

2018年1月24日(水)~27日(土)

 

 DM確認-1

 

純金箔革財布

 第29回・2018国際宝飾展(IJT)に、

 6回連続の出展いたします。

 

KIMG0586

 

 

会場 : 東京ビッグサイト(東塔)

 ブースNo:東塔 A5-52。

 

DM確認-1 - コピー

 

 

ラグジュアリーゾーン右側+国内エリア奥です。

 

 

★会場詳細も弊社の商品なども、

国際宝飾展(IJT)のHPから入って頂いて、

line_1515482047284

 

e‐ガイドブック(出展社・商品検索)をクリック

“店舗・デザイン・純金箔・スピーカー”を入力クリックすると

以下のページをご覧頂けます。

KIMG0786

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

     純金箔革財布の本体である、店舗デザイン(バル・プランニング)は、

 

  ★ミッション「幸せ」を繋ぐ空間創りを、トータルで提案しています★

    ~人と人・人と物の幸せをつなぐ空間、

           楽しさを伝える空間づくりが、

             バル・プランニングが目指す店づくりです~

 

           「人と店」を繋ぐことは、

 

           「幸せ」を繋ぐことです。

 

          今からの繁盛店=売れる店は、

          「幸せ」を繋ぐ店と考えます。

 

     その為に、五感(体感覚+聴覚+視覚)を刺激する

        「足が止まる・ジュエリーディスプレイ」

 

       「聴覚(五感)を癒す・癒しのスピーカー」

 

       「視覚を刺激する・純金箔革財布製品」も

 

          展示提案と特別販売をしております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

         

      「視覚を刺激する純金箔革財布製品」は、

 

★IJTプレスリリースで各マスコミに、ご紹介頂きました。

      純度99.99%! 黄金の財布

 

   「純度99.99%の24K純金箔の「金の財布」

 

   純度99.99%の純金箔を牛革に貼付けた黄金の財布。

      金箔を貼り付ける特殊技術がお見事です。

       持っているだけでお金が貯まりそう♡

          価格は最高額200万円!

 

        【 見て・聞いて・触って・味わって 】

 

       IJTブースにて楽しみにお待ちしております。

 

純金箔革財布/2018国際宝飾展(IJT)に出展いたします。  2018年01月17日

純金箔革財布/瑠璃光院に行ってきました。

 

晩秋を探しに、京都府京都市左京区上高野東山にある、瑠璃光院に行ってきました。

 

 1512451147205

 

【比叡山ケーブル】の「八瀬駅」から徒歩で5分程の距離です。

 img_accessmap

 

「八瀬」の地は、「矢背」とも記され、壬申の乱で背中に矢傷を負われた大海人皇子(天武天皇)が「八瀬の釜風呂」で傷を癒されたことから、平安貴族や武士たちに「やすらぎ」の郷として愛されました。

 

img_point_kamaburo

 

その後、大正末から昭和の初めにかけて、12,000坪の敷地に240坪に及ぶ数奇屋造りに大改築し、自然を借景とした名庭を造営されました。

 

img_point_kikakutei

 

そして現在に至るまで、日本情緒あふれる名建築・名庭として多くの人々に親しまれています。

img_point_rurinoniwa

 

書院からは見事な借景の紅葉と苔が有名な「瑠璃の庭」を望ことができます。

 

格調高い落ち着いた雰囲気です。

 

img_point_yamamon

 

一年を通しての拝観が可能ではなく、特別拝観の期間(春・秋)が決められています。

 

今年は4月15~6月15日、10月1日~12月10日となっており終了しました。

 

来年の春には新緑青もみじと秋の紅葉が楽しみです。

 1512451165009

 

叡山電鉄、八瀬比叡山口駅から高野川の清流に沿って歩くと、吊り橋があり、その先に山門が見えてきます。

 

参道の傾斜地には、百種以上の楓紅葉が植えられており、私たちを出迎えてくれます。

 imagesimages (1)

 

瑠璃光院の本堂の書院は、初めに二階の景色を眺めます。

錦絵に例えられるほどの、秋の紅葉の美しさは息を飲みます。

 

1513229398009

 

二階の床に映る姿も、逆さ紅葉というのでしょうか、言葉を失う存在感でした。

 

次に一階の瑠璃の庭を拝見しました。

庭内にある古苔が密生し、光が当たると瑠璃色に輝くことから名付けられたと言われ、

瑠璃色に輝く浄土の世界を表わしているそうです。

 

1513229414139

 

とても贅沢な時間を過ごせました。

純金箔革財布/瑠璃光院に行ってきました。  2017年12月14日

純金箔革財布・MIKIMOTO HIGH JEWELLRY COLLECTION 2017を観て来ました。

純金箔革財布・MIKIMOTO HIGH JEWELLRY COLLECTION 2017を観て来ました。

 

 ダウンロード frontwave3-img640x482-15077161272soz4c21112 KIMG0174

 

10月26日 梅田の ヒルトンプラザイースト2階にある、ミキモト大阪店に伺いました。

 

ミキモトによる「PRAISE TO NATURE」コレクションから、最新ハイジュエリーが発表され大阪にもやってきました。

 

 1509342555770

 

その名の如く、常に自然に向き合いインスピレーションを得て自然への賛美を謳うコレクションで、躍動的に表情を変える生命の瞬間を捉えた珠玉のハイジュエリーが揃っています。

 

今回の新作で、目を引いたのは贅沢なまでのカラーストーン使いです。

 

 high_detail26_im02

 

品質の素晴らしいサファイアやルビー、エメラルドはもちろんのこと、

タンザナイト、アレキサンドライト、スフェーンなど希少性の高い素材を大胆に用いた作品が並んでいました。

 

28d6e40637a09f27c1c5c3881ff79c13-1-620x550

 NSNyQhY-1200

images

high_detail26_im03

 

ユニークな色彩と美しさを放つコンクパール・ホースコンクパール。

そして天然ならではのバロックなフォルムを生かしたパール。

有りそうで無かった白蝶と黒蝶のコンビは上品でポップ。

まさに、多彩なパール作品が必見でした。

 

15093425510031509342543367

 

熟練の職人が1年以上をかけて完成させた極め付けの「ラ・フロール・ドゥ・ミキモト」ティアラは、254個のアコヤ真珠、微細に揺れ動く「トレンブラン」セッティングされたダイアが輝きを放っていました。

 KIMG0237

 

もっとも気になったのは、薔薇をモティーフにしたネックレス。

花の中心は白蝶真珠、フォルムはWG18Kで一筆書きのようにシンプル。

その内側に小粒のダイアモンドが寄り添うように形を強調していきます。

一つひとつを取り出して、ネックレス・イヤリング・ブローチ・・・と全身に身に着けたい衝動を感じました。

 


1509342562576

 

純金箔革財布・MIKIMOTO HIGH JEWELLRY COLLECTION 2017を観て来ました。  2017年11月09日

純金箔革財布は、伊勢神宮の参拝に行きました。

純金箔革財布は、伊勢神宮の参拝に行きました。

 

 21765018_1485590144867287_6766722051050093528_n

 

外宮にある、「せんぐう館」に初めて立寄りました。

 地下に【外宮正殿原寸大模型】があり、神明造りの構造が再現されていました。

 大きさにびっくり。

 

神明造りの構造の再現を観て、外宮・内宮の建物の違いに

 興味を持ちました。

 )内宮(皇大神宮

 

「神明造り」の特徴:

 

・高床(掘立式:棟持柱などすべて根元を地中に埋めたもの)

 

・切妻、萱葺き屋根に千木(ちぎ)と鰹木(かつおぎ)

 

・平入

 

・20年ごとに建て替えられる

 

・皇大神宮正殿の場合は樹齢400年以上のヒノキが必要になるとお話を伺いました。

 

 PN2013081701001084.-.-.CI0003

 

★建物の違いを意識していなかったので、少し調べてみました。

 

 身近なところで、

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

両国国技館の吊り屋根は「神明造り」なんですね。

 

現在は・掘立柱の代わりの房があり。

 

色は、正面左側の東から、自、黒

 

 Dohyo

 

・写真正面の三角屋根が切妻造

・力士入場の方向が平入。

・屋根の上に鰹木(5本)で、長く飛び出た柱は(外削ぎ)外宮と同じ造りです。

 

話は戻って。

  

①伊勢神宮に代表される神明造は、②出雲大社(大社造)や③住吉大社(住吉造)と共に、

もっとも古い神社建築様式

 

e532dbe6ca972a93a04713fce2a74a2c_t 

大社造:正方形に近い宮殿を模したもの・妻入り

 

sumiyoshi-taisha-02

 

住吉造:大嘗祭の建物に近似している・妻入り

 22045994_1485590291533939_3144233127841617179_n

 

神明造:奥行きより幅が大きく、

 

高床式倉庫から発展し穀物の代わりに

 

神宝を納めるように変化したと考えられています。

 

萱葺き屋根

★屋根に耐久性の低い萱・板を使うため、

屋根の勾配をきつくし、

雨や雪が流れ落ちやすくし、

切妻であるため軒出も大きく作られています。

 

 PN2013081701001084.-.-.CI0003

 

屋根の頂上部は板で覆い、鰹木(かつおぎ)で補強。

屋根を支える側面の破風(はふ)は、

継手でとどまらず、先端が飛び出し千木(ちぎ)となっています。

千木と鰹木には、金銅製などの装飾金具が取り付けられ、

耐候性を高められています。

 

 千木・鰹木ともに本来は建物の補強が目的だったと考えられます。

 

鰹木を有する埴輪(赤堀茶臼山古墳出土)

 

古墳時代の出土した、埴輪の棟木の上にも鰹木が並べられています。

 

 

鰹 木:

 

  「鰹木」の名称は、形が鰹節に似ていることが由来。

 

  奇数は陽数(男神)・偶数は女神(陰数)

 

千 木:

 

  古代、屋根を建造する際に、木材2本を交叉させて結びつけ、

 

  先端を切り揃えずにそのままにした名残り。

 

  男神の社は千木を外削ぎ(先端を地面に対して垂直に削る)

 

  女神の社は内削ぎ(水平に削る)

 

 

伊勢神宮の場合は:

  内宮:主祭神が女神なので、鰹木は奇数・千木は内削ぎ

 

  外宮:主祭神が女神ですが(本来男神的性格を帯びていたためとする説)

     鰹木は偶数・千木は外削ぎ

 

 千木は日本建築だけでなく、

 

 ・中国雲南省のワ族

 

 ・タイ王国のラワ族・ラフ族・アカ族・カレン族

 

 ・・・高床式住居に千木が見られるます。

 

 ・紀元前の滇国(テン)の青銅製の神殿にも。

 7dca5a3b9c5e4dc79a7ae16c6c998df0_th

 

  ※紀元前3世紀頃から、雲南省東部の滇池周辺あった西南夷の国。

 

※千木の起源は、太古まで遡る歴史ドラマですね。

 

純金箔革財布は、伊勢神宮の参拝に行きました。  2017年10月13日

純金箔革財布は、ジャパンジュエリーフェアー2017(8・28~30)に出展いたしました。

 

 純金箔革財布は、ジャパンジュエリーフェアー2017(8・28~30)に出展いたしました。

 

21078516_1461325583960410_1603928303924975551_n

 

 

アジアのお客様の、かき分けかき分けの皆様はお見受けしませんでしたが、

その分お客様とじっくりとお話ができたと思います。

 

 21083270_1461326407293661_5353676828236940692_o

 

 

1日目夜は、レセプションパーティー にも出席させて頂きました。

ジュエリー業界関係者の交流の場として開催される懇親パーティーでは、

ジュエリーファッションショーなど、趣向を凝らし華やかでした。

 

1504247721673

1504247776945

1504247768710

1504247752537

 

 

テーブルがご一緒だった、デザイナーの方や、業界の素敵な方との出会いもあり、

大いに楽しい時間を頂きました。

 

 

 066af_367_333b45751e07a09da1db1d8fd6daa158

 

 

3日目午後からは、ジュエリー業界が選ぶ「第5回ウーマン オブ ザ イヤー」に

女優木村文乃さんが選ばれ、総額2億円の国内最高峰・超豪華ジュエリーを着用され、

授賞式に出席されました。

 

この日、木村さんが着用されたのは、株式会社明治堂制作のジュエリー。

 

JJF2017_woman-award_jewellery

 

 

【木村文乃さん 着用ジュエリーの詳細】

 

プラチナ 950 /ダイヤ 4 点セット 

ダイアモンドTotal 110.01ct 

ネックレス: 86.223ct

リング5.35ct

ブローチ9.69ctイ

ヤリング8.747ct(4.342ct/4.405c)

 

 

 marquise

 

 

一粒一粒の厳選されたマーキーズ・カットのダイヤを、

贅沢にあしらった重厚な作りです。

 

 

 

マーキーズ・カットは、オーバル形の両端が尖ったボートの様な形をした

ブリリアントカットです。

 

「ナベットカット」と呼ばれる事もあります。

 

pompab

Boucher_Marquise_de_Pompadour_1756

 

 

フランス国王ルイ14世が愛妾だったポンパドゥール侯爵夫人への愛情を込めて

ナベット型の宝石を「マーキーズ」と呼んだ事に由来します。

「マーキーズ」とは英仏語で「侯爵夫人」の意味です。

 

 

 無題1

 

 

上品なカットと繊細なセッティングがダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す、

気品のあるデザインです。

 

手にしたときの引っかかりもなく、しなやかな細工で、

格別の存在感であり究極の逸品にふさわしい作品です。

 

ダイアモンドは、直接海外に出向き、数千ピースの中から厳選したもののみを

使用されたようです。

 

また、特徴としては、ブラックライトでブルーに光る「蛍光性ダイヤ」を

使用しています。

 

39611-16-640

 

 

太陽光でも、イベント会場の照明のどちらでも、輝きが強く光輝いていました。

 

あっと言う間のJJF3日間でしたが、無事終了致しました。

 

21151249_1463187973774171_2913035890190672431_n

 

ありがとうございます。

 

次回は、2018IJT(1/24~27)

東京ビックサイトでお待ちしています♪

 

 

純金箔革財布は、ジャパンジュエリーフェアー2017(8・28~30)に出展いたしました。  2017年09月06日

純金箔革財布です。残暑お見舞い申し上げます!!

純金箔革財布です。

皆様、残暑お見舞い申し上げます。

 

2017暑中見舞い原稿2(WEB)

2017暑中見舞い原稿1(WEB)

 

何かと忙しい、お盆ですが、あっと言う間に過ぎました。

8月となり、今年も半ばを過ぎましたが、体調管理にはくれぐれも、

お気をつけて、後半頑張りましょう。

 

 

そして、いよいよ。2週間後には、

第25回ジャパンジュエリーフェアー2017です。

 

 

純金箔革財布の展示会準備は着々と、進んでおります。

 

2017暑中見舞い原稿1(WEB) - コピー

 

2017年8月28日(月)~30日(水)

東京ビックサイト東5・6ホール

10:00~18:00(最終日は17:00まで)

バル・プランニング(純金箔革財布)のブースは、

      【D-32】です。

 

 

14468408_1417846388230133_6927618040934002656_o

 

純金箔革財布が出展します、

「ジャパンジュエリーフェア(JJF)」は、

世界最大のジュエリーフェア「香港ジュエリー&ジェムフェア」を

主催するUBMジャパン社と、一般社団法人 日本ジュエリー協会と

の共同プロジェクトとして開催する国際トレードショーです。

国内外の有力バイヤーが東京ビッグサイトに集結し、

会期3日間を通じ活発な商談が華やかに行われます。

今年のトレンドを感じることができるだけではなく、

商品を具体的にイメージできる場所です。

 

 

純金箔革財布の本体である、バル・プランニングは、

 

★ミッション「幸せ繋ぐ空間づくり」★

 

~人と人が織り成し、人と物とが触れ合い、

 出逢いと感動のLIGHTステージの創造~

 

         と題して、

 

会期中は、ジュエリーショップの店舗企画設計・デザインの

       無料相談を開催しております。

 

 

写真 2017-05-17 10 34 52

写真 2017-05-19 12 32 37

 

 

店舗以外は、

「聴覚(五感)を癒す・癒しのスピーカー」

 

19ItemPg_MS1001J_L

 

「視覚を刺激する純金箔革財布製品」も

 

DSC_8157

 

展示提案と特別販売をしております。

【 見て・聞いて・触って・味わって 】

頂けるのを楽しみにしております♪

純金箔革財布です。残暑お見舞い申し上げます!!  2017年08月16日

純金箔革財布は、 第25回ジャパンジュエリーフェアー2017に 今年も出展致します!!

純金箔革財布は、

 第25回ジャパンジュエリーフェアー2017に

 今年も連続出展致します。

 写真 2017-05-17 15 56 25logo_jjf

 

2017年8月28日(月)~30日(水)

東京ビックサイト東5・6ホール

10:00~18:00(最終日は17:00まで)

 

純金箔革財布(バル・プランニング)のブースは、

 

       D-32です。

 

 

 

ところで、「ジャパンジュエリーフェア(JJF)」は、

世界最大のジュエリーフェア「香港ジュエリー&ジェムフェア」を

主催するUBMジャパン社と、一般社団法人 日本ジュエリー協会と

の共同プロジェクトとして開催する国際トレードショーです。

 

 14468408_1417846388230133_6927618040934002656_o

 

国内外の有力バイヤーが東京ビッグサイトに集結し、

会期3日間を通じ活発な商談が華やかに行われます。

  

今年のトレンドを感じることができるだけではなく、

商品を具体的にイメージできる場所です。

 

写真 2017-05-17 10 45 23

 

「視覚を刺激する純金箔革財布製品」は、

2017IJTで、注目商品のラグジュアリー特集にピックアップされ、

「お金持ちになれる?金のお財布」と題して紹介されています。

お財布以外の大人気なのは「ミニがま口」です。

 

IMG_20170614_133905

 

男女と問わず、皆さん「可愛い~!!」と一躍、人気者です。

会場に逢いに来てくださいね。

 

         同時に、

 「聴覚(五感)を癒す・癒しのスピーカー」

 

 

13173682_1538759663093980_3191963826757344080_n

 

 

展示提案と特別販売をしております。

 

【 見て・聞いて・触って・味わって 】

 頂けるのを楽しみにしております。

 

18555869_1378714782216003_5852671122681292609_n

 

また本体のバル・プランニングは、

 

★ミッション「幸せ繋ぐ空間づくり」★

 

~人と人が織り成し、人と物とが触れ合い、

     出逢いと感動のLIGHTステージの創造~

         と題して、

 

会期中は、ジュエリーショップの店舗企画設計・デザインの

無料相談を開催しております。

 

「守り神のバルケン」もお待ちしております。

 

写真 2017-05-19 12 32 58

 

 

 

 

純金箔革財布は、 第25回ジャパンジュエリーフェアー2017に 今年も出展致します!!  2017年07月13日

純金箔革財布・「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」を観に行きました。

京都国立近代美術館で開催中の、「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」を観に行きました。

1499405499184DSC_02911499405499184

2017年4月29日スタートして、6月30日で5万人の来場の凄さが伺えます。

 

「ヴァン クリーフ&アーペル」

ハイジュエリーと日本の工芸を対比し、日本とフランスの「熟練技術の粋」を紹介していました。

 

展覧会の構成は、3セクション。

 

1セクションは、

ヴァン クリーフ&アーペルの歴史と題して、

やや目線低めの展示になっており、上部前から一連を観察して、

後ろに回って再度見るような配置でした。

作品の間隔が短いので、横から見ることはできませんでした。

個人蔵のネックレスもありました。

1906年のヴァン クリーフ&アーペル創立から

現代に至るまでの100年にわたる歴史的展開を提示しています。

フューシャ クリップ

<フューシャ クリップ>1968年

デザインや制作技術の変遷が見られる約80点の作品を展示します。

 

2セクションの、技を極めるは、

様々な素材を組み合わせ、技を極めたハイジュエリー作品約100点と、

日本の工芸+美術品=「創造絶する技巧」の七宝や陶芸、漆芸、金工などの作品、

約50点を比べながら鑑賞できます。

奥行きのある展示なので、近々で眺めるという展示ではないようでした。

スペインの踊り子クリップ

《スペインの踊り子クリップ》1941年 

 

3セクションは、文化の融合と未来

「技を極める」というテーマで構成され、アクリルのハイボックスにセッティングされていたので、近距離で前後左右の四方から舐めるように観察できる、素晴らしい展示でした。

特にハイジュエリーの秀逸な作品が約80点と、日本の工芸作家の作品を組み合わせて展示されていました。

バードクリップ&ペンダント

<バードクリップ&ペンダント>1971-1972年

DSC_0306

図録や一筆箋も良いですね。

純金箔革財布・「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」を観に行きました。  2017年07月07日